無料ブログはココログ

楽しいブログの輪、輪、輪

2013年4月 4日 (木)

塩麹の次は甘麹

塩麹の次は甘麹がブームです。
お塩の代わりに塩麹、お砂糖の代わりに甘麹、これが出来たら健康生活!

酒粕を溶いて甘酒を、麹とご飯で甘麹(甘酒の素)を作って居られると思います。
甘酒でも甘麹でも麹の糖化酵素作用により甘味を出すところが肝心要です。

麹とお湯とご飯とで仕込んだあと、温度を55度に調整し保温、2時間おきくらいにかき混ぜながら温度を一定に保ちます。60度が続くようですと米を糖化させる酵素がこわれてしまいます。
10時間程度寝かせて甘味を出すとあま~い甘麹が出来上ります。
ここで役立つのが象印ジャー、放って置いても適温に保ってくれます。
炊飯器では蓋を開けたまま布巾をかぶせ、温度を測りながら2時間おきくらいにかき混ぜねばなりません。

酒粕を溶いて作る甘酒も原理は同じ、粕にも麹が含まれています。火に掛けて55度になったら火を止めて温度を保ちます。55度で保温する時間を長くすると甘くなります。
保温ジャーに入れて10時間置いてみましたが、砂糖が要らなくなるほどは甘くなりませんでした。甘くない方がお好みの方はこれで十分です。大幅減砂糖できますので火を止めて鍋がぬるくなるまで位の時間はやってみてください。
甘くしたらもう一度火に掛け、熱くなったら酵素作用が止まり、アルコールが蒸発しますから、お好みにより甘味を砂糖で調整して火から鍋を下ろします。
手間を掛けずに甘酒を作るにはやはり酒粕ですね。

●大吟醸酒粕(板)2kg!甘酒に好適!!
http://www.uchino-sakagura.com/3_716.html
●酒粕から作る甘酒!美味しく出来ます!レシピはHPにあります。
http://www.uchino-sakagura.com/3.html
麹から作るノンアルコール本格甘酒のレシピはこちら!
http://www.uchino-sakagura.com/537.html
●塩麹レシピ、甘麹レシピ、麹はこちら!
http://www.uchino-sakagura.com/537.html

★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●越乃景虎 純米しぼりたて生原酒1.8l
純米のしぼりたては人気です!
http://www.uchino-sakagura.com/89_576.html
●歓送迎・お花見特集!
http://www.uchino-sakagura.com/39.html
★☆★☆★☆★☆★☆★☆

詳しくは
  ホームページで
         ↓
         ↓
         ↓
---------------------
うちの酒蔵では酒以外もうまいもの、
健康によいものも扱ってゆきます。
きっとお気に入りの商品が見つかりますよ。
http://www.uchino-sakagura.com
携帯http://www.uchino-sakagura.com/cgi-local/m_shop_index.cgi
今後とも、お気に入りに入れて時々、ご覧ください。
重いお酒は宅配便で!

2013年1月26日 (土)

甘酒で健康増進!

大寒を過ぎましたが、第1級寒波襲来!!(((=_=)))ブルブル
甘酒で暖まりましょう!!

●健康増進に粕を利用する人が増えています。
酒粕から作る甘酒!美味しく出来ます!レシピはHPにあります。
http://www.uchino-sakagura.com/3.html

甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれますが、これらの栄養はいわゆる栄養剤としての点滴とほぼ同じ内容であることから、「飲む点滴」と称されるそうです。ブドウ糖が20%以上含まれ、人間に不可欠なビタミン類が豊富で天然の必須アミノ酸も多く含んでいてじつは総合栄養補助食品だったんですね。
「酒」の名は付きますが、実際にはアルコール飲料ではなく、未成年者でも飲用が許されてます。しかし、原料に含有され、あるいは製造過程で生成されることでアルコールが含まれることがあり、酒に弱い者(特に幼児)が大量に飲むと酔う可能性があります。酒粕が甘酒の原料に使用する場合、酒粕には、アルコール分が約8%程度残存しており、沸騰させる事によりアルコールは蒸発し低減しますが、ドライバーや未成年(酒に弱い者、特に幼児)は見合わせましょう。
甘酒はジャパニーズヨーグルトと呼ばれています。麹に由来する食物繊維とオリゴ糖が腸内環境を整えるのに役立つといわれています。さらにペプチドの一種アンギオテンシン変換酵素阻害物質という物質は天然の降圧剤といわれ高血圧対策に注目されているそうです。

麹から作るノンアルコール本格甘酒のレシピはこちら!
http://www.uchino-sakagura.com/537.html

●寒い時期はしぼりたて、にごり酒が豊富ですぞ!
http://www.uchino-sakagura.com/89.html
酒は純米!!「純米しぼりたて」越乃景虎、販売中!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆

詳しくは
  ホームページで
         ↓
         ↓
         ↓
---------------------
うちの酒蔵では酒以外もうまいもの、
健康によいものも扱ってゆきます。
きっとお気に入りの商品が見つかりますよ。
http://www.uchino-sakagura.com
携帯http://www.uchino-sakagura.com/cgi-local/m_shop_index.cgi
今後とも、お気に入りに入れて時々、ご覧ください。

2013年1月10日 (木)

新春寒波

新春となりました。本年もよろしくお願い申し上げます。
景気回復の期待を持たせられる新年!
どちらさまにも良い年になりますように!!
今年も日本酒はじめ麹パワーでお送りします。

日本人の健康に欠かせない麹!
古くから醸造食品として用いられてきましたが、今その麹のよさが見直されています。

新春寒波がやってきて凍えています。
甘酒で暖まりましょう!!
●今酒粕がブームです!
健康増進に粕を利用する人が増えています。
甘酒美味しく出来ます!レシピはHPにあります。
http://www.uchino-sakagura.com/3.html
新粕販売しています。

●栓を開ければ、新酒の香りが満ち満ちて!
いずれも限定品のため入荷に時間のかかることがありますので余裕をもってお申し込み下さい。
http://www.uchino-sakagura.com/89.html

●今、主婦の間で大ブーム。ひとさじ使えば、料理のうまみが増しておいしくなる
話題の調味料“塩こうじ”
麹あります。塩麹に、甘酒に(今年は麹から作るノンアルコール甘酒がブームかも)!
http://www.uchino-sakagura.com/537.html

●新年会の乾杯には!
 乾杯 ルネッサ~ンス!!
伝統回帰でおいしい日本酒で乾杯!
乾杯はこれで!ふさわしい日本酒出来ました。
お酒がおいしいと会が盛り上がります。
http://www.uchino-sakagura.com/116_389.html

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

詳しくは
  ホームページで

2012年8月27日 (月)

クールジャパン

猛暑にうんざり、夏バテ気味の皆様に朗報!!
日本酒を涼しげに演出したクールスタイルのおすすめをご紹介します。

∇昔からの定番・柑橘系:サムライ・ロック
氷+日本酒(60ml)+ライム半個
サケライムのことですが、日本酒は一般に酸味が 不足していると言われるため、柑橘類の酸で補うわけですが、
ライムはとりわけ日本酒に合います。ライムは搾り入れても、添えても良い。
ライムという語句の響きから、誰が言い始めたのか、こういった名前になったようです。揚げ物との相性抜群!

∇スプーンで食べる日本酒:日本酒シャーベット
日本酒を凍らせたものです。家庭用の冷蔵庫で、簡単に作れます。グラスに日本酒を注ぎ、ラップをして冷凍します。
時々かき混ぜて、4~5時間すれば、シャーベット状に凍ります。そのまま溶けてくるのを飲むか、スプーンですくって食べます。
ライムを浮かせたり、桜桃やオリーブの実を沈めたり、蜂蜜やガムシロップを入れて、デザートとしても楽しめます。

∇アルコール度数の低い方がという方に:日本酒ハイボール
氷+日本酒(60ml)+ソーダ(60ml)+輪切りレモン
乾杯で爽快に楽しむならこれ!!バリエーションでジンジャーエール(ブームの生姜)にかえてもOK!

∇健康飲酒に:トマトカクテル
トマトジュース(60ml)+日本酒(60ml)+レモン汁を少し+氷
さっぱりした味が特徴です。きめ細かい肌を作る効果があります。
カゴメとアサヒグループホールディングス曰く
「トマトジュースを一緒に飲んだ方は血中のアルコール濃度や体内に留まる量が平均で約3割減少し、体内からのアルコール消失も50分早まる。」そうな。
いいことばっかしで私もやってみたい飲み方。

∇最後に禁じ手:ホッピー風カクテル
ノンアルコールビール(120ml)+日本酒(60ml)
冷たい状態で混ぜて飲む。アルコール濃度5%になってビールよりも旨味のあるビール風味飲料が出来ます。


冷酒特集ページもアップしています。
http://www.uchino-sakagura.com/526.html

【続・枝豆情報】
そろそろ猛暑も終わりにして欲しい感が致しますが、暑い時期に旨い新潟枝豆、大好評です。
黒埼茶豆はお盆を過ぎるとやや皮が硬くなる性質があります。寒暖差の大きくなる時期になると、
新潟枝豆は一味違った黒埼茶豆としてお楽しみいただけるぴかり茶豆(晩成茶豆)に移っています。
実がぐっと引き締まり味ののった品種です。食べ始めると止まらない!!9月上旬まで。
http://www.uchino-sakagura.com/524.html

2011年10月 4日 (火)

塩麹って何?

塩麹って何?

米麹に塩と水を入れるだけ!
混ぜて発酵させたもの!

近ごろ話題沸騰!
「今、主婦の間で大ブーム。ひとさじ使えば、料理のうまみが増しておいしくなるという話題の調味料“塩こうじ”」と、ゆうどきネットワーク(NHK)  2011年3月9日(水)放送 で紹介されました。
魚や肉を漬け込んだり漬物を作ったりと自然の甘さ引き立つ万能調味料です!
料理に使うだけで格段においしくなる、和風にも洋風にも合います。

塩麹、見た目はトロ~としたお粥のようなもの。
材料はとってもシンプルで麹、塩、水のみ。

味は、しょっぱいけど後味にほんのり甘さがあります。

漬けるのではなく、塗ったりまぶしたりする。

こうしてあっさりとできあがった塩麹、使い方は糠漬けのように食材を漬けこむのだと思っていたら、使う分だけ取り出して、塗ったりまぶしたりするそうです。

イカに混ぜて即席のイカの塩辛に、煮物に混ぜると砂糖やしょうゆを使わなくてもまろやかな塩味が深く染み込む。ハンバークに使うとつなぎがいらないといいます。

例1)ハンバーグの場合、ひき肉100gに対し塩麹10g。

  魚料理や肉料理でも一割とのことです。

例2)魚の切り身なら密閉の袋に漬け込むだけでOK。一時間でも一晩でも、漬け込むほど味が染み込むとのこと。

塩麹の3つの利点

(1)味が格段に旨くなる。素材の旨みをうまく引き出してくれる。

(2)健康に良い。塩、砂糖の量を控えることができる。

(3)手軽に料理ができる。塩麹だけでも味付けができる。


簡単に作れる塩麹、はまる人が増えているそうです。さらにブームになるかもしれません。

期間限定販売です!4月5月・10月11月の限定。
期間中にこちらでお求め出来ます。

http://www.uchino-sakagura.com/537.html

レシピも掲載しています。

その他のカテゴリー